水瓶座

 

 トロイアの国にガニュメーデスという美少年がいました。その美しさはいかなる美女よりも素晴らしく、噂はやがて天上界まで響いていった。

 天上から見ていた大神ゼウスは一目でガニュメーデスを好きになってしまい、ゼウスは鷲に姿を変えてガニュメーデスをさらってしまいました。(鷲座)そしてガニュメーデスに永遠の若さと命を与え、神々の宴席で神酒ネクタルを杯についで回る役を与えたのである。

 この美少年ガニュメーデスがゼウスの寵愛を受け、水瓶座となったのである。